人気ブログランキング |

サバ(雌)。太平洋に浮かぶ小さな島で生まれる。上京後、コギャル系ローマ人を経てVIPPERへ。英語コンサルタントの顔も持つ。"qちゃん"という子猫を飼っている。 趣味は自作自演。japanese_sabaアットlive.jp


by kyonkoenglish

赤坂ツインタワー・TullY'S@溜池山王

最近、仕事で会った二人のビジネスマンについて。
二人に話した内容はまったく同じなのだが、結果は全然違った。

A氏はその会社の社長。と言っても従業員は二人。社長自身が飛び回り、稼いでいる。

彼は会うと、まず軽い話をし、席につくまでに沈黙が続かないようにする。すぐには本題に入らず、身の周りのことから質問をする。こっちが楽しくなって自分の話を始めると、どこが私の得意分野か見極め、大きくうなずきながら、話させる。こうしてこっちの人柄を掴み、良い気分にさせたところで、はじめて仕事の話をする。もう友達の雰囲気なので、話が弾む。二人で共通の見解を持ち、結論が出る。見事だった。

次にB氏。大手外資系企業のアソシエイト・ディレクター(たぶんまあまあ偉い)

自分の会社に呼びつけておいて、15分も受付で待たせる。現れても遅刻について謝らない。大きな会議室で、向かい合って座り、いきなり仕事について漠然とした質問から始める。その質問から、私が1週間前に送った(そして彼が手に持っている)文書をまったく読んでいないことがわかる。この時点で、こちらは話す気をなくす。話は全然かみ合わず、何の結論も出ないで終わる。

■分析
コーチング教室に通ったとき、初対面の人との接し方についていくつもポイントを示された。向かい合わせではなくL字型に座る、まずは軽い話で相手の緊張をほぐす、相手が話し始めると頷き・繰り返しを行う・・・これらを列挙するのは簡単だが、実際にやってみると、本当に難しい。が、それがいかに大事かということを身に染みて感じた。私は二人に会うまえ、大手であるB氏の会社に期待していたにも関わらず、B氏は商談を一つ失ったのだから。

ここを読んでいる08NG(読んでるかな?)の諸君!
「ビジネスマナー研修」は怠らないように。これに加えて女子は、華美ではなく好感を与えるファッションセンスを磨くこと(いつも素敵なきょんこ先輩を見習いましょう)。それと笑顔。ここだけの話、コンサルタントがアサインされるとき、条件として「おしゃれなこと」があげられていることもあるのです。ほんと、ほんと。

・・・え?「私はかわいいから、別に気を使わなくても大丈夫」だって?
ああそう・・・良いねぇそういう人は・・・。どうせ私は、頑張って笑っても「気持ち悪い」って言われるよ・・・。
by kyonkoenglish | 2008-01-25 19:56