サバ(雌)。太平洋に浮かぶ小さな島で生まれる。上京後、コギャル系ローマ人を経てVIPPERへ。英語コンサルタントの顔も持つ。"qちゃん"という子猫を飼っている。 趣味は自作自演。japanese_sabaアットlive.jp


by kyonkoenglish

<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「ただイケ」について

外資系金融志望の男子学生が

「お、お忙しいと思いますが、エントリーシート見てください!(/ω\)」

と言ってくるので、そりゃーもうESは大得意だし英語の添削もしたいしで

「どんどん持ってこーい」

と言ってたら本当にどんどん送られてくるようになり、早起きしてモルガンスタンレーやドイツ銀行のES添削に励む日々なわけですけど、ふと

「もしこの子がイケメンでなかったら私はここまで熱心になるだろうか…」

という疑問が浮かび、なるほどこれが噂の「※」かと深く反省をしたのであった。
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-11-30 06:08

今年のネット流行語の金賞は「※ただイケ」とな。
http://sankei.jp.msn.com/economy/it/091126/its0911260740000-n1.htm

「バリバリ」の入賞ワロタ。
すべてわかってしまう自分がイヤ。
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-11-26 18:37

ツンデレメール

イケメン(本名)と久しぶりに会いたいなーと思って、

「〇日に会えなーい?」

というメールを送ったところ、お風呂から上がったら3通返信が来ていた。

1通目「あえない。」

2通目「あいたいね。」

3通目「あえるかも。」




・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・



まずは用件について簡潔に返事をし、ついで「ちょっと冷たかったかな」と思ってフォローし、その後予定調整ができることに気づいたイケメンの心の動きがわかってちょっと微笑ましかった。そこで、




「なんだその駆け引きみたいなの」



て返事を送ったんだけど、その後返信はこないね。うん。
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-11-17 07:55
ビジネススクールといっても、大学生がいろんな企業のことを学ぶ、というコンセプトのところなのですが、そこで一つ講座を持たせてもらうことになりまして。

先月から140人の学生を相手にお話させていただいたり、今日からは人数を限定してのセッションでコンピテンシーについてレクチャーさせてもらったりと、楽しい経験をさせてもらっています。

もちろん仕事でプレゼンをする機会は多いのですが、なにぶん私のような若輩者が・・・という気分があり少し遠慮がちになります。大学生が相手だと、なんだかのびのびできて自信を持ってプレゼンができます。この経験が活かしていければ良いなぁと。

大学生はみんな元気で賢くて、すっかり仲良くなりました。
て、また大学生かー!
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-11-08 00:57

てれんぱれんの夕べ

とかなんとか言いながら、久しぶりの休日は、またも年下男子たちと過ごした。
いや、別に一人が最近のお気に入りでもう一人が嵐の二宮くんそっくりで、さらにその友達がダルビッシュに似てるというから連れてきてもらった、ってわけではなく、純粋に就職活動の相談を受けたり…するはずだったわけだ。

が、待ち合わせ場所に現れたその3人目を見てサバは固まってしまった。

かつてのQ氏を思わせる、いやそれに優る、ギリシャ神話に出てくるような美青年。しかも寡黙。それでたまに「ふっ」て笑ったりして。あらどうしよう。サバ緊張しちゃう。というか、これではまるで、本当に年下美青年をかき集めて喜んでいる年増女のようじゃないかっ!違うの!違うんだったr」

qちゃま 「ふーん、で、朝帰りしたの。まぁ~、年下のイケメンなんかはべらせちゃって、
      いかにもさびしい独身OLって感じね~(´ー`)y-~~ くすくす♪」

サバ 「あのねー、お前が言うな
    違うの。きみとは違って真面目な彼らと、若者の悩みについて一晩中語り合っていたのよ」

q   「ほほぉ」

サバ 「…(略)…で、彼らはあれでもないこれでもないと迷ってるのよ。
    でもねぇ、しょうがないのよね。どうしても卒業までは、てれんぱれんしちゃうじゃないか

q   「!?待ってください。
    その「てれんぱれん」って言葉を、俺は初めて聞いたわけだが」

サバ 「はぁっ!?あら、qちゃんは、まだ小さいから日本語の語彙が少ないのね。
    『てれんぱれん』は日本語の基本単語4000語に入るレベルよ。知ってないとおかしいわよ」

q   「たぶんGoogle先生も知らないと思うよ」

サバ 「そんなバカな…(PCを立ち上げる)…Σ(゚Д゚)ガーン」

q   「どうした(´ー`)くすっ」

サバ 「てれんぱれん…長崎の方言らしい

q   「あれっ!?サバさん、それ知らないで言ってたんだー、
    あーっはっはっは、恥ずかしいねぇ(´・∀・`)」

サバ 「そうか…『なぁんば、てれんぱれんてれんぱれんしとっとなー』とか、
    言うなぁ。おばあちゃんたちが」

q   「へぇー」

サバ 「『そがん、てれんぱれんてれんぱれんせんとぉ』」とか」

q   「『てれんぱれん』…『ちゃらんぽらん』って意味でしょ」

サバ 「違う!『てれんぱれん』は『てれんぱれん』なんだよぉ」

q   「あっはっは、しょうがないなぁサバさんは」

サバ 「あっはっは、かわいいqちゃんだなぁ( ´∀`)σ)∀`)」

q   「てへぇ(*´ー`*)」

サバ 「てへぇ(*´ー`*)」



ま、なんだかんだ言ってもウチの子が一番なんですけどね ~(=^・・^)ヾ(^^ )ヨシヨシ
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-11-04 23:37