サバ(雌)。太平洋に浮かぶ小さな島で生まれる。上京後、コギャル系ローマ人を経てVIPPERへ。英語コンサルタントの顔も持つ。"qちゃん"という子猫を飼っている。 趣味は自作自演。japanese_sabaアットlive.jp


by kyonkoenglish

<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

リュウ様に恋して☆

ハリウッドのラブコメで、美男と美女がちょっとしたハプニングで出会い、「鼻持ちならない女だ」「二度と連絡しないわ」なんて言いあってたら、のちの恋人フラグよね。

運命のいたずらでなぜか行動をともにしてしまう…そして、互いのことを知るにつれ、ひかれ合う二人。だけど自分の気持ちに素直になれない。(この辺りで、女に別の男(ハンサムで金持ちで優しい)が接近したりする、)そんなとき、女に海外赴任の話が来る。

「これでもうあなたの顔を見なくてすむと思うとせいせいするわ」
「あぁ、アルマーニを着てバラの花束を差し出しながら愛を語ってくれるイタリア男とでもデートするがいいさ、ブランド好きのきみにはお似合いだ」

で、なぜか大喧嘩。

空港のベンチに座って、ハンドバッグからパスポートを取り出そうとする女。そのとき、誤ってハンドバッグを落としてしまう。こぼれ出たものを拾っていると、そこにはなんかよくわからんけど男と初めて会ったときの思い出の品が。それを見つめる女。

(ここで初めて会ったときの回想シーン、「サイテーな人ね!」「それはこっちのセリフだ」とか言いながらの協同作業であることが多い)

思い出の品(なるべくみすぼらしいもの、本のしおりとかハンカチとか)を見て、ふっと微笑む女。そこで思い出を振り切るように、気合を入れる仕草。ゴミ箱に捨てようとするが、思い直して再びハンドバッグにしまう。そこで搭乗のアナウンスが。ゲートに向かう女。そのとき後ろから聞きなれた声が…。

「パスタよりハンバーガーが好きだって、言ってたよね?」

「(女、驚きの表情)…マックに限るけどね」

「参ったな、ひどいブランド好きだ」

涙ぐんで抱きつく女。お幸せに。


…で。

なんだか妄想が膨らんじゃったけど、言いたかったのは、私とリュウ様の出会いもそうだった、ってこと。そんなに深く知ってるわけでもないのに、第一印象だけで毛嫌いしてた。

だけど…カレを知るにつれて、自分との共通点をたくさんみつけて、ちょっとずつ意識するようになった。リュウ様のことをもっと知りたい、リュウ様にも私のことを知ってほしい、そんな気持ちが止まらなくなって。

問題は、ラブコメとは違ってここから先に進まないってこと。だってリュウ様は私のこと知らないんだもん。私がリュウ様の著作をすべて読んでも、リュウ様が住んだという家を見て回っても、リュウ様が私の存在に気づくことはない…。待って待って、どうしたら良いの?

ラブコメだと、二人の出会いのシーンでは、「サイテーな男ね!」に対して向こうにも「君こそ最低な女だ」とか言われないといけないのよね。そっか、ここから始めないといけないんだ。リュウ様に最低な女だと思われるには、どうしたら良いのだろう。嫌がらせのメールを送るとか。暗殺予告をするとか。あ、もちろん逮捕されて全国に流れる感じで。そしたらリュウ様も当然ニュースを見て、私のこと知ってくれる…しかも、「最低な女だ」って思ってくれる…これって、一石二鳥のスゴいアイディアじゃない?私、冴えてる!



って感じかね、ファンの嫌がらせって。
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-06-22 04:13
あ、どうも。サバです。
元気にお仕事しています。

始発で京都行って午前中打ち合わせして帰ってきてお仕事して帰宅してゆっくりちゅんちゅんしようとしたところにお客様に呼び出されて飲みに行く、みたいなのが日常になって参りました。以前ほど肩に力が入っておらず、夜ちゃんと眠ることができます。おかげさまでサバとか言ってる暇がありません。

まぁそんなどうでも良い話は置いておいて、サイトのご紹介です。(外国のサイトです)

http://en.akinator.com/

すごいよー。

1.まず、好きな芸能人やアニメの主人公を思い浮かべます。
2.いろいろ質問してくるので、はいからいいえまでの5段階から選んで答えます。
3.20問前後答えると、なんと!誰を思い浮かべたか当ててくれるのです。


私はルパン三世、ドラえもんのできすぎくん、アンジェリーナ・ジョリーでやってみましたが、全部見事に当てられてしまいました。qちゃんはタモリでやってみて、当たったらしい。

結構マイナーな人物でもなぜか当たるという噂。
是非やってみてください。

サバでした。
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-06-17 09:23

サバが見る夢

サバとqちゃんには、将来息子が一人生まれる予定だ。
名前を"美丈夫"と書いて"ビショップ"と読む。

ビショップというのはチェスの駒の名前だ。
サバとqちゃんはチェスで知り合ったので、子供の名前はチェスにちなんだ名前にしようと思って、サバが考えた。なかなかナイスな名前だと思う。カトゥーンに入れるような美少年が生まれるに違いない。

もし女の子だったら"凡子"と書いて"ポン子"にする予定だ。
ポーンも、チェスの駒の名前である。呼びやすくて素敵な名前だと思う。


サバ 「・・・のだけどどうだろう」

q 「はぁ…(深いため息)。・・・・・・バカじゃないですか?

サバ 「駄目かなぁ… (´・ω・`)」

q 「そういうDQNな名前をつける親にはなりたくないです」

サバ 「あらー。qちゃんは、どんな名前をつけたいのかなー?」

q 「偉人からとったり…とか」

サバ 「始皇帝。ナポレオン…あ、マルクス・アウレリウス・アントニヌス!」

q 「日本史の、です」

サバ 「そっか。じゃあqちゃんの出身地である新潟県の偉人が良いね。
    ほら、いま妻夫木くんがやってる大河ドラマの…なんだっけ」

q 「ああ、『愛』って兜につけてる…あれ、名前、なんだったっけ」

サバ 「とにかく、その人はいま流行ってるから、ほかにつける親がいそうだから駄目だね」

q 「そうだね。…あ、新潟が誇る偉人と言えば、田中角栄ですよ」

サバ 「角栄か…良いんじゃない?」

q 「うーん、角栄かー」

サバ 「チェスじゃなくて将棋の駒みたいになっちゃったねー」

q 「ねー」

サバ 「女の子だったら、"区員"と書いてクイーンってのもあるんだけど」

q 「バカじゃないですか?」



そんなDQNな会話をしている二人ですが、qちゃんは昨日から電話に出てくれないのです。
ばーか。
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-06-01 23:44