サバ(雌)。太平洋に浮かぶ小さな島で生まれる。上京後、コギャル系ローマ人を経てVIPPERへ。英語コンサルタントの顔も持つ。"qちゃん"という子猫を飼っている。 趣味は自作自演。japanese_sabaアットlive.jp


by kyonkoenglish

<   2009年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

都会の海

江ノ島。

「どこの島ですか?」

と聞くと、会社の人は一瞬ぽかんとして、私を見た。
どうやら、電車ですぐに行けるらしい。
名前の雰囲気から、瀬戸内海辺りにぽつんと浮かんでいる島を、私は想像していた。

江ノ島は、東京駅から2時間もかからないところにあった。
藤沢のピーコックで肉やキャベツや紙コップやウーロン茶を買い、手首に食い込むビニール袋をそれぞれ2つぶら下げて、私たちはだらだらと歩いた。バーベキュー。照りつける太陽にじりじり焼かれながらソースにまみれた肉や野菜を食べるために、なぜわざわざ遠くまで来なければならないのか。それはもう、考えないことにしていた。楽しいと、思い込む。それが、レジャーというものらしい。東海道線の中は麦藁帽子をかぶった子供やその手をひいた若い母親、つり革を握って無言で窓外の景色を眺めるその夫、ガムを噛みながら大声で笑う日焼けした学生たちでいっぱいで、既にうんざりだった。この暑い中、揃いも揃ってご苦労なことだ。よっぽど他に、楽しいことがないのだろう。

「海だ!」

前を歩いている誰かが叫んだ。目の前に広がっている海は、白いヨットの帆で飾り立てられ、水平線はまっすぐ伸びていた。初めて見る感じの海だった。私が知っている海は、灰色で、表面に三角の波が立っていて、ごつごつした岩や島で水平線が遮られている。いま見ている海は、水彩画の中にあるようなコバルトブルーをしていた。洗練された都会の海だ、と思った。青山・表参道ですまして歩いている、そんな海だった。

海の上に架かった橋の周囲には拍子抜けするほど何もなく、その様子は丼の上に渡した割り箸のようだ。割り箸の上を、ゆっくりと歩く。遠くに見えるこんもりと茂った緑の塊と岩肌が、少しずつ近づいてくる。都会の海は、嫌いではない、と思った。ここには、ぎっしりとハングル語が書かれているビニール袋や肌を刺す毒クラゲや小さくて骨ばかりの醜い魚はいないに違いない。代わりに、東京からやってくる釣り人が釣り上げる大きなタイやヒラメやサバが整列して、優雅にワルツを踊っているのだ。そんな海の中を想像して、私はうっとりとした。

バーベキューの会場は、レストランの2階のテラスだった。予約の電話を入れたときに想像したとおりの、グレーの髪とひげを生やして痩せたマスターがコンロを用意しているところだった。

テラスには屋根があり、日焼けを気にする必要はなかった。海とヨットが見渡せて、みんながそれを眺めながら、晴れて良かったね、と言い合っていた。大きなサングラスと白い乳母車。誰かが割り箸で肉をつまんで熱くなったコンロにのせ、じゅっという音と同時に、生肉が焦げる匂いが漂った。あちこちで、缶ビールのフタが開けられた。

都会のアウトドア、私はこっそり呟き、白いプラスチックの椅子に腰を下ろしてのびをした。初めて雲ひとつない空に気づいた。久しぶりに見る空だけは、よく知っている空と同じ色だった。
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-05-27 12:21

妄想新幹線

何のためにお酒があるのか何のために歌があるのか何のために映画があるのか。

自分の力だけでは身動きがとれないほど、ある種の氷山に氷漬けにされて、それをゆるゆると溶かすきみの歌声を聴いて、私は初めてその意味を知ったようだ。

午前6時30分、東京発のぞみ30号12号車を覗いてみると良い。
スーツのジャケットを窓際に引っ掛けた男たちが携帯電話を片手にキーボードを叩いている、つぎはーしんよこはまーしんよこはまー、間延びしたアナウンスと売り子が押すカートの車輪が回る音のほかはしんとしてくしゃみをするとぎろりと睨まれる、日が差し込んでくるとあちこちの窓でカーテンが下ろされる。

そんな車内の片隅で私は、この有様について考えている。

この真っ黒なスーツの、カートが近づいてくると100円玉3枚を突き出して、濃くて苦い紙カップのコーヒーを買う男たちがこの生活をやめようと思ったとしたら…。そしてやめてしまったとしたら…。

この有様を成り立たせているお約束は崩れ、新幹線は時間通りに来ることがなくなるだろう。

お弁当の中身は信用がなくなるし、コーヒーの紙コップを捨てたゴミ箱があふれるまで放置されるだろう。

男たちは、新幹線を時間通りに走らせ、お弁当の安全性を保証し、1日3回ゴミの回収をさせるために、すべてを投げ出すわけにはいかない。

ただいま、列車右側に富士山が綺麗に見えています…抑揚のないアナウンスに少し遅れて、携帯電話のカメラのシャッター音が、遠慮がちに響く。それを心地良く聴きながら、1/3ほどまで読みかけた小説を膝に置いて、私はまどろむ。

何のために本があるのか何のために人がいるのか何のために社会があるのか。

小説の続きに答えがあるさと、夢の中で誰かが呟く。
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-05-26 20:47

で、サバの話だけど。

ある夜、ブログを更新しようとしていると、うまくいかない。
ブログサイトが表示されたりされなかったりして、されなかったときは「サーバーエラーです」
というエラーが出てくる。

「サーバーが不安定」というどっかで聞いた言葉が頭に浮かんだ。

…不安定。

機械のくせに、不安定て、何だ。何がどうなったら不安定になるんだ。
つながったりつながらなかったり、て、乙女のきまぐれか。
よくわからないものに対する怒りがふつふつと沸いてくる。

怒りに任せて、ITっぽい仕事をしておりかつ午前2:00のメールに即返信をしてくれる親切で頼もしいIKRくんにメールしてみた。

「サーバーが不安定、って、何?
1本足でよろよろ立ってたりするの?サーバーは。」

1分後、着信が鳴る。
ほーらな。このお人よしめ。

From IKR
「サーバーって、24時間365日動き続けなきゃいけなかったりするから、ずっと動きっぱなしでいると、なにかしらの負荷がいろんな場所に蓄積していくのさ。
人間もずっと寝ないで働き続けたら体や頭がおかしくなる。コンピューターも同じで、・・・(後略)」


>人間もずっと寝ないで働き続けたら体や頭がおかしくなる。
>人間もずっと寝ないで働き続けたら体や頭がおかしくなる。


・・・。

一筋のしずくが、私の右目からすーっと流れて、黒いノートブックPCの上にぽたりと落ちた。


もともと不眠症なのに、最近は1日2時間ほどしか眠れないのが普通になっていた私は、今週ついに持病が再発して倒れたところだった。そう、起きていた22時間、ずっと働き続けたせいで。




「私はサーバーだったのか。」


いろんな思いを込めてIKRに返信したところ、「違う。」と言われた。

一瞬、目を疑った。

「違う。」…だと…?

落ち着け。これは何かの間違いだ。
IKRが私に「違う。」なんて言うはずがない。違うと思ったとしても、「そうかな。うふふふふ…」とごにょごにょ言って笑っている、それがIKRだったはず…。

そうか、これは、IKRの名をかたった偽者だな?
だまされないぞ!

ところで、なぜ「違う」のだろう。
…メールの続きを読んでみよう。


「サーバーは人に動かされている。お前は、自分の意思があって自分で動いている」


がーん!

衝撃が走った。

やはり、私はサーバーではなかったのだ。

サーバーに近いが、微妙に違う…そして、意思がある…。

意思があるサーバーっぽいもの…。

意思がある…サバ…。

サバ!


そうか…。


私は…私は、サバだったのか…!





これが、サバ暦元年の始まりである。


ちなみに、サバのお友達のIKRとは、もちろんイクラのことである。
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-05-18 11:29
たまには実際にあったことを書こうと思う。
(基本的にこのブログは120%フィクションであり、実在の人物・団体・会社などのことを捏造し捻じ曲げて書いているため多くの誤解を受けますが知ったこっちゃありません)

私は動物が好きではない。

小学校低学年の頃、「好きな動物は何?」と聞かれて周りが「ウサギー!」「ネコー!」と盛り上がっているなか、

「人間」

と回答し、友達や大人たちを震撼させていた。
そのスタンスは今でも変わっていない。
好きとか嫌いとかいう以前に、興味・関心がないのだ。

しかし、珍しいものは好きだ。

そこで、IKRが

「アルパカを見に行きたいんだけど。」

と言ってきたとき、

珍しいもの見たさ > 動物面倒くささ

という不等式が頭の中で成立した。ましてやそれは3時間ドライブを楽しめ、混んでいないというのだから、乗らない手はない(もちろん運転するのはIKRだ)。

以前も登場したが、IKRは男友達の一人だ。
私の男友達は二種類に分かれる。
私に自慢話をひたすら聞かせるタイプと、私の自慢話をひたすら聞くタイプだ。

IKRはもちろん後者である。
「ひたすら聞く」というのは、文字通りただ聞いているだけでは勤まらない。

想像してみてほしい。目の前の女は瑣末な日常のエピソードをさも重大であるかのように詳細を語り、己の価値観を全身全霊で肯定し、大宇宙におけるサバの存在の素晴らしさについて何時間もしゃべり続ける。これに、たった一人で対応するのだ。適度な相槌を打ち、ちょっとした合いの手を加えて話を盛り上がらせ、ちゃんと理解していることを示すための短い感想を伝えなければならない。タチが悪いのは、ところどころに「笑いのポイント」らしきものがあることだ。これを逃すとまずい。「いや、今のは冗談だったんだけどね」という冷たい説明が入り、「ああ、そうか、ごめん」と真摯に謝らなければ許してもらえない。

そんなわけで、私の男友達の後者のタイプはたいそう忍耐強い人たちなのだが、中でも、IKRは格別だ。「笑いのポイント」を的確にとらえて笑ってくれるのはもちろんのこと、8年近くも私の友達をやっているため、会ったこともない私の周囲の人々について、名前を言えば誰のことかわかる。気持ち良く何時間もしゃべらせてくれたあと、「へー…俺なんかだと、…だけどね…」と、ぼそっと呟いて、ちょっとした「気づき」を与えてくれることもある。

コーチングの基礎に「傾聴」というのがある。

高い金を払ってコーチングの学校に行く暇があったら、IKRを見習えば良い。彼こそは生きた傾聴である。

しかもこのサービス(?)は、なんと無料なのだ。ここまで来ると何かの修行かボランティアか可哀そうな人の看病かプレイのつもりでやっているのではないかと疑われるが、決してそうではない。(と思う)

IKRも、苦笑しつつ、ときにはあざ笑いつつ、一緒の時間をそれなりに楽しんでくれているのではないかと思っている。・・・てな感じで、だらだらと長く続いたけど大して面白くない話だったでしょ。IKRはこんなのを往復6時間、小さな自動車の中で途切れることなく聞き続けてアルパカを見に行ったのだ。ご苦労なことだね。いつもありがとう。

最後に付け加えておくが、IKRというのはもちろん架空の人物である。












f0135838_05614.gif

[PR]
by kyonkoenglish | 2009-05-16 00:18
うーん…。

宮沢賢治についてのエッセーを書いて、金賞をとって賞金100万円をもらった。


という夢を見た。

10万円ずつ両親にお小遣いをあげて、祖父母にもお小遣いをあげて、妹にもあげて、残りは貯金しよう…という夢のない夢だった。目が覚めたとき、とても悲しくてこれが夢だと信じたくなかった。


…しっかし、「100万円」て。
小学生か。


あと、宮沢賢治なんてもう何年も読んでないのだが。
どっどどどどうどどどうどどう。
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-05-14 21:36
確かローマ人のサイトに、Qさんの寝言ネタがあったはず。

qちゃまも寝ているときに異様なほどしゃべる。
大体、「うへへへっ」と笑い始め、聞き取れないくらいの早口でぺらぺらとしゃべってにやにやする。
あんなご機嫌なqちゃまは起きているときはありえない。
何の夢を見ているのか気になって仕方がない。

そんなある日のこと。

q 「(熟睡中)…ぐー…うへへ!」

きょ。「(仕事中)…ん?」

q 「…アミバ、っていうキャラがいるんですよ。それで・・・・(不明)・・・のときに「あじゃぱー」って叫ぶんですよ、うへへへ…(にやにや)…ぐー…」

きょ。「・・・。(「アミバ、アジャパー」で検索)」

きょ。「…!」





…こいつ、





23歳にもなって『北斗の拳』の夢を見てるのか・・・。
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-05-12 04:55
GW(グロッキーわんこ)はいかがですか皆さん。

きょ。は、ひきこもってAmazonから届いた本をかたっぱかしから読んでいました。
インフルエンザウィルスが怖かったら、人と会わなければ良いじゃない!
ニュースの渋滞情報を見てはメシウマする日々でしたが何か問題でも。

あ、メシウマというのは「他人の不幸でメシがウマい」の略で、誰かがひどい目に
あっているときに用いる2008年を代表する流行語です、念のため。

http://www.paradisearmy.com/doujin/pasok_meshiuma.htm






  +        ____    +
     +   /⌒  ⌒\ +
  キタ━━━//・\ ./・\\━━━!!!!
   +   /:⌒(__人__)⌒:\  +
       |      トェェェイ     | 
    +  \     `ー'´     /    +

   /  ─ /  /_ ──┐ヽ|  |ヽ  ム ヒ  | |
 \/  ─ / / ̄ /   /  | ̄| ̄ 月 ヒ  | |
  ノ\ __ノ   _ノ   \  / | ノ \ ノ L_い o o

※基本的に、不謹慎だったり人格を疑われたりするので使うのはやめたほうが良いです。



相変わらず村上龍ブームは続いておりまして、『五分後の世界』に続いて大作『半島を出よ』に挑みました。下巻、クライマックスを過ぎ、涙でびしょびしょになった指でページを繰ったところ、

「!」

次の章の名前が島の名前で、それは、、、
きょ。が幼少を過ごした故郷の島・・・!!





の、隣りの島。(惜しい)


故郷の島とは橋でつながっているので、よく家族でドライブしたものです。
かつては炭鉱の島であり、炭鉱が閉鎖されてからは「開発が遅れたが、その代わり素晴らしい自然が残っている」わけで、のどかな町の風景が描写されていました。知っている場所が好きな作家に描写されているのはすごい快感で、このGW(ガチンコわんこ)最高の思い出となりました。


え?どこか行かなかったのかって?

5日にA子と、原宿にできた「FOREVER21」に行ってみようとしたのですが、原宿駅の段階で駅員がマイクで叫ぶほどの大混雑。それでも店の前に行ってみると

「最後尾 この先1km」


あきらめて、帰ってきますた。
このGW(頑固なわんこ)二番目の思い出です。
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-05-07 02:38

本日のスレ

高給取りになったサークルの後輩が「きょ。姐さんの好きなものを何でもごちそうします」と言ってくれるので、うっかり釣られて西麻布。早めについたため、素敵なカフェにて、、、、2chをしつつ、時間を潰す。

それにしてもおしゃれなおねーさんが多くて緊張する
「おまいら」側の人間としては、gkbrである



1 名前:☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★投稿日:2009/05/01(金)
・30日、大阪府岸和田市で、小太りの中年男が小学校低学年の女児に 
 執拗に「恋愛しよう、エッチしよう」と声をかけていたことがわかった。

 岸和田署では、「不審者を発見した時は110番して」と注意を呼びかけている。

12 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2009/05/01(金)
大阪 小太り 中年男 大阪 小太り 中年男 大阪 小太り 中年男 大阪 小太り 中年男 

13 名前:名無しさん@九周年[sage] 投稿日:2009/05/01(金) 09:04:40
後のこぶとりじいさんである






不覚にもワロタw
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-05-01 20:07
トポロジーについて調べていたら、『クラインの壷』というSF小説を高校生の頃wkwkして読んだと、2chの中の人が言ってたので、Wikiを読んでもさっぱりわからない「クラインの壷」のことが少しはわかるかと思って早速取り寄せて読んでみた。

いやー。面白かった。GW中、暇な人にはオヌヌメ。

それにしても、(以前もネタを書いたことがあるが)、ケータイがない時代のお話って、いまだと成り立たないことが多いよね・・・。この小説の中でも、「そこ、電話すればなんてことないじゃん!」て場面が何度もあった。

その観点で、それよりぞっとしたのは、昼間読んだ山崎富栄の日記。ケータイもメールもないので、太宰が病気になって寝込んでしまうと、何日も連絡がつかない・・・。太宰が来ないと、気になって姿を探しながら町をふらふら歩き回り、行きつけのお店を探し回り、果ては本宅まで行って聞き耳を立てちゃったりするのだ。こわっ!

まー、家の周りをうろうろしちゃうのも、ケータイに出ないと何度も電話しちゃうのも、相手の所在が気になると黙っていられない乙女の気持ちってことで同じかもしれないけどね。

(それが男にウザがられるようになるのもね・・・。)
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-05-01 05:26