サバ(雌)。太平洋に浮かぶ小さな島で生まれる。上京後、コギャル系ローマ人を経てVIPPERへ。英語コンサルタントの顔も持つ。"qちゃん"という子猫を飼っている。 趣味は自作自演。japanese_sabaアットlive.jp


by kyonkoenglish

<   2009年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

なかなか笑ってくださらないんである。
マジ凹むよ。芸人としては。

ところで、エリート様の名前は「英太郎」とおっしゃる。

そこで。

きょ。 「んー。この単語、どういう風に訳したら良いですかねぇ」

エリ 「どれ」(『英辞郎』で調べ始める)

きょ。 「(ドキドキ…)あ、あの…英太郎さんって、『英辞郎』の兄弟ですかー?」

隣の女性 「∵ゞ(≧ε≦o)ぶっ(コーヒー吹く)」

エリ 「( ´_ゝ`)・・・違うよ

きょ。「…あ、ひょっとして、よく言われます?」

エリ 「(´<_`  )言われないよ



(((( ;゚Д゚)))) お…怒った?怒った?
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-01-29 20:37

惜しい

テレビで「ウナギの刺身」というのをやっていた。
ウナギの血には毒があるが、お店の主人が5年かけて血抜きに成功し、生で食べられるようになったという。そこで母に

「ウナギの刺身だって」

というメールをしたところ、

「兎は昔から猟師さんがよく食べてたよ。きょ。もどこかで食べたって言ってたじゃない?」

という返事。ん?なぜ兎の話?と思って、気づいた…。
お母さん…ww
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-01-24 09:50

仕事が楽しいでござる

今年に入って、新チームになってから仕事がますます楽しくなってきた。

組織改変で私はちょいワルのチームを抜け、コーチをやってくれてるお姉さんが新しくリーダーとなったチームに入った。ここはグローバル人財マネージメントを主に推進することになっており、あだ名は「英語チーム」。元商社マンとか帰国子女とか、英語ができる人が集められており、グローバル企業の仕事が来ることになっているらしい。

お姉さんはものすごく営業成績が良く忙しい方なので、「あまり”きょ。”の面倒を見れない」ということでエリート様に私を託した。「何でも良いから、きょ。に手伝わせて」ということで。

すると、このエリート様がものすごい勢いで仕事をくださるのである(曰く、”1000本ノック”)。提案資料作成のサポート、翻訳、お客様訪問同行と、何でもあり。これまでの経験でわかるのだけれども、「人に仕事を振る」というのはかなり面倒くさいことだ。たぶん自分でもおできになるのに、わざわざ意識的に私にさせてくれているのがわかる。なんて良い人なのだろう。おまけに男前と来ている。まあ、つまり、そこだ。

なんか、ついてるよな。
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-01-23 01:07

コンサルタントの条件

今日は某グローバル企業にきょ。渾身の資料を持っていったわけだ(もちろんプロマネが持っていくわけだけど)。

相手はいかにも”できる”感じのこわーい部長さん。
が、プロマネが説明を進めるにつれて、「うん、この資料、わかりやすいね」「期待していたよりずっと良かった」と何気なく呟いてくれた!

きょ。心の中でガッツポーズ。

それはともかく、その部長さんとプロマネ(40代女性)の会話がやばかった。

部 「飛行機の中で、変な映画を観たんだよ。(あらすじの説明)しかし女性役がペネロペ・クルスだったからなぁ、綺麗だった!」

P 「…?」

部 「えっ、知らない?」

きょ 「(やべっ)トム・クルーズの元彼女ですよね、綺麗ですよねー」

部 「そうそう。あのトムってのは子供ができないから次々に離婚するんだよな、二コールも」

きょ 「ははぁ~なるほど」

P 「(*´Д`) ~? (にこーる?)」

部 「トムと言えば、『マイノリティ・リポート』、観たかい?(Pに)」

P 「…(固まる)」

きょ 「(,,゚Д゚) あ、あれはストーリーが面白かったですねー、未来で殺人犯なんて」

部 「うんうん。あれは見たかね、殺人犯になるやつ…」

きょ 「『コラテラル』ですか」

部 「そうそう!あれもなかなか良かった」

きょ 「いやー映画お好きでらっしゃいますねぇ」

部 「DVDをネットで借りて、出張のときに飛行機の中で観るんだよ」

きょ 「私もネットで借りてるんですよ!便利ですよねー」

部 「そうなんだよ。期限が無期限で延滞とかないんだよ!はっはっは」

P 「さようでございますかー(:´ο`)」


ていうか、ペネロペ・クルス知らない人に映画の話はやめてあげようよ…。
そして話は進み、


部 「本来の優秀さというのは、話の流れの中で、とっさに気の利いたことをいえるかどうかでわかるんじゃないかな。これは私の定義だが。『イロモネア』なんかは…準備してきてあの程度か、って思うところもあるが…あ、『イロモネア』なんて…みないかな」

P 「い…いろ?いろ? Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)」

きょ「土曜の夜は『イロモネア』ですよねっ!」

部 「うん、あれは一度観てみると良いよ」

P 「きょ。さん、あとで教えてっ!」

きょ 「はぁ…(それほどのものでは…。)」



なんだか、音楽だのオペラだの芸術がお好きな方らしい。
なんでも知ってて損なことはないなぁと思った次第。
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-01-20 20:55

妄想フレンド

朝、2時間ほど寝ることができたので(実はいつもと大して変わらない)元気に会社に行き早朝ミーティング。年末年始から一人で作っている資料…プロマネからは大好評。大事なお客様先へ連れて行ってもらえることになった。ヤター! まじ頑張ったじゃん。よくやったよくやった。(誰も褒めてくれないので自分で褒めました)

休む間もなく初のチームミーティング、続いて社内プロジェクトのミーティング…。ゼロから新しいものを作るのでブレーンストーミング。まずはそのためのフレームワークを決めて…と、大変勉強になった。ついていけない…。

あとは昨日徹夜で訳した資料片手にプロマネの米国とのテレカンに出てメモを取ったり、なんだかんだ。

M(前の職場の変態)が歩いて数分の前の職場にいるらしかったので呼び出して丸ビル一階のおしゃれなカフェでゲイ専門出張ホストの話などをして大いに盛り上がった。

そこにIKRが登場した。IKRは大学時代、唯一クラスで友達になった男の子だ。もう二年ほど会ってないが私のブログは毎日読んでいるらしいので、「これ、Mだよ」ととりあえず紹介してみたところ、たちどころに「あぁ、一緒だとメシが美味いという人だね」と答えた。さすがローマ人時代からの筋金入りのファンは違う。そこで、二人でご飯を食べながら、

きょ。 「で、qちゃんがさぁ」

IKR 「? 誰?」

きょ。 「え、ほら、彼氏だよ」

IKR 「えっ!本当に付き合ってんの!?」



貴様…。

驚き過ぎ…。

驚き過ぎです。

本当にじゃなかったら、どうだっていうんだ。
「qちゃん」はすべて私の妄想だというのか?それは、かなりやばい人ですよ。かなり。
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-01-14 23:05
突然頼まれた、グローバル関係のシステム関係の提案書一本、英訳し終わりました!@23:00 丸の内。

さて、自分の仕事を始めなければ…(明日の朝、レビュー)
というわけで四ツ谷に戻って初ジョナサン。夜中にファミレスといえば、元祖Qちゃんよね。
お元気かしら。(もはやどうでも良いけど♪)

それにしても夜中のファミレスってどうしてこう、決まった面子つまり

・一人ワインのくたびれたサラリーマン風(読書中)
・ドリンクバーのみ注文の司法浪人風(『刑法』とか読んでる)
・ドリア食べてる受験生風(英語の問題集やってる)

のゴールデントリオがいるのかしら。


あ、そして忘れちゃいけないのが

・PC広げてぶつぶつ言ってる独身OL風

…さて、電源無駄になる前に仕事始めますか。
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-01-14 00:28
なぜか今日もオフィスにいたり。

昼は、M(前の会社の後輩)と待ち合わせてイタリアン。
会うなり、

M 「あけおめ!ところでさぁ、巨乳の伊東美咲と巨乳のエビちゃんってどう思う?
   変だと思うだろ?な?どうして日本人はすぐに巨乳とロリを組み合わせるんだろう。
   外国だったらさぁ…」


わかった、わかったからもう少し声を落とすんだ


だがこいつと食べるメシは美味い。
それに尽きる。
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-01-11 20:56

英語の仕事ばっかり

プロマネに作りかけの報告書を見せて方向性を説明。

プロマネ 「うん、わかりやすいです。うんたらかんたら」

きょ。 「・・・。(ワショーイヽ(°▽、°)ノ )」

プロマネ 「あとはここをこうすれば良いと思うよ。うん、この調子で!」


三連休で仕上げて火曜の夕方に提出することをお約束。
急ぎの話なのでその方が良いでしょ。ね。。。

お昼はコーチ役のお姉さんに丸ビル36階のレストランに連れて行ってもらった。タイ料理のビュッフェ。美味。

姉 「きょ。はわかりやすい資料作るのうまいから、それ系のプロジェクトに
   また入ってもらおうと思ってるよ」

きょ。(ちょいワルと違って、褒めてくれるからやる気が出る…。)


お姉さんの紹介でエリート様の補佐的なこともすることになった。

エリ 「早速だけど、ちょっと今からミーティング参加してくれる?」

それは、ある提案書作りを早急にしなければならない、という趣旨の話。

エリ 「水曜の朝までに送付すれば良いらしい」

コンサルの皆様 「火曜の夕方に出来るよ」

エリ 「きょ。はそれを翌朝までに翻訳してくれ」

きょ。「・・・はい。(マジすか( ゚д゚))」



英語の提案書の予習もしておかなければ。
来週水曜朝まで修羅場だね\(^o^)/
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-01-10 01:06

擬似プロマネ体験

データ分析と報告書の作成方法についてドラフトを作り、プロマネと方針相談のミーティング…と思っていたら、朝、プロマネから電話が。

プロマネ 「いま出先なんだけど、風邪をこじらせてしまって…午後は帰ろうと思うの。きょ。さん、進めておいてもらえるかしら…わからないところがあったら、メールをゴホゴホゴホッ」

きょ。 「おまかせをっ!(` ・ω・´) 」

途端に目が覚める。

この仕事はなるべく早くしたいというのがプロマネの意向だったから、私が方針を立てて進めなければならない。今日からはイケメソも手伝ってくれることになっている。ということは、私が方針を考えて分担して…って、プロマネじゃん!?

途端に張り切って会社に行き、作業がしやすいようにデータを加工し…やってきたイケメソにこれまでの経緯を説明して作業を頼む。なるほど…これは楽しい。そうか…年末、仕事の取り組み方に対して「指示されたことをやるだけじゃなくて、自ら仕事を作れ」とちょいワルに言われたけど、こういうことなんだな…。自分がプロマネのつもりでやれば、主体的に取り組めるんだ。などと気づいたりしてイケメソとそんな話をする。イケメソの出向元の会社はもともとがベンチャーだから、そういう姿勢が当たり前だそうだ。なるほど。それが私とイケメソの違いだな。と思ったりした。

本日、ちょいワルに昨年の仕事の評価をいただいた。ほぼ期待を満たした、とのこと。今後はますます主体的に取り組めるように頑張ろう!と、たまには真面目に決意表明してみたり。
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-01-08 22:35

英語モード再来!

いま、英語のデータ分析の仕事を手伝っている。
で、昨日のこと、

きょ。  「報告書は何語で作りますか」
プロマネ「え…英語で作れるなら、グローバルで共有できるから助かるけど…
      きょ。さん、英語得意なんだね」
きょ。   「はい」
プロマネ 「…ひょっとして、英語で問い合わせ対応とかできる?」
きょ。   「メールのですよね。できます」
プロマネ 「…まさかまさか、メールマガジン書いたりできる?」
きょ。   「書けます」
プロマネ 「助かるーー!!!4月からのプロジェクトよろしくっ♪」
きょ。   「…。(プロジェクト、キタ━━━(ノ゚∀゚)ノ ┫:。・:*:・゚'★,。・:*:♪・゚'☆━━━!!!!)」

というオイシイやりとりがあった。

大見得を切ったは良いものの、そこは半年間すっかりサボっていたという超スランプ。
早速、メールマガジン(日本語ではいつも書いてる)のサンプルを英語で作ってみたりして、
腕ならし。10月に中途入社してきた方々(40代の男性方)3人に英語を教えるという話もあったので、それも開始することに。しばらくプロジェクトも空きそうなので、勉強、勉強…。
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-01-07 04:10