サバ(雌)。太平洋に浮かぶ小さな島で生まれる。上京後、コギャル系ローマ人を経てVIPPERへ。英語コンサルタントの顔も持つ。"qちゃん"という子猫を飼っている。 趣味は自作自演。japanese_sabaアットlive.jp


by kyonkoenglish

<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

この一ヶ月、プロジェクトメンバー3人で必死で作った資料をCD-ROMに焼いて、お客様に送付した。

2008年のお仕事、ひとまず終わりーーー。
(1月5日までのデータ処理は新たに引き受けてしまったが・・・まぁいいや…)

夕方頃終わったので、丸ビル周辺をうろつく。いつも地下から直接ビルに入ってしまうため、実はこの辺、あまり歩いたことがない。
あらあら、素敵なブランドショップがたくさんあるじゃないの…お?こんなところに、TAKEO KIKUCHIが。久しぶりに入ってみるか。

確か何年か前はよく見てたはずだけど、久々に見ると改めて良いなと思った。というか、qちゃんに似合いそうな服がたくさんある。qちゃんは細身できれいな顔立ちをしているから、ここのジャケットとか似合うはずなのだ。絶対に。

そんな妄想をしつつ、彼の就職活動用にカバンとマフラーを買った。

「まったく、きょ。さんってばまた無駄遣いをして。俺なんて3000円ぐらいの安物のカバンでいいんですから」

というqちゃんの声が聞こえてきそうだったが…まあ、買ってしまえば使ってくれないってことはないだろう…。そういえば、私、Qにもカバン買ったことあったっけ。まあいいや。

そんな感じで、2008年は終わりそうな感じ。
[PR]
by kyonkoenglish | 2008-12-30 19:46

12月後半をまとめておく

なんっかもう、こういう言い方好きじゃないんだけど、忙しいんですよ。のほかに言い方が思いつかない。

フルで入っているプロジェクトがあるのに、なぜか他にも掛け持ちしてたり。飲みは多いし。前半はお客さんとの飲みが多く、後半はデートが多かった。ちょいワルとは順調。


12月23日の祝日はqちゃんとソウル・オペラ『魔笛』を観に行く。素敵なレストランで美味しいランチを食べ、楽しい舞台を観てqちゃんはご満悦。が、その後有楽町Itociaに寄ったのが良くなかった。クリスマスシーズン、カップルで混雑する店内に入った途端、qちゃん不機嫌。「まったくこんな混んだ時期に店に入るきょ。さんは愚かすぎる」「オレは資本主義が嫌いなんです」とか言いながらむっつりしているので早々と外に出て帰宅したがご機嫌直らず。人ごみで具合が悪くなったと言って寝てしまう。

翌朝も引き続きご機嫌斜め。ゴミ捨ての件で喧嘩。「あー、やだやだ」と言われたので「私のこと嫌いになったの」と聞いたら「別に。きょ。さんのことを好きか嫌いかということと、きょ。さんの行動を好きか嫌いかというのは別ですから」という名言が飛び出す。要するに私の行動が気に入らなかったらしい。まったく面倒な子だ

12月24日
午前中、久しぶりに浜松町のお客様のところに行って来年の相談。午後、会社でプロジェクトワーク。
前の会社の男友達が遊びに来てくれるというので丸ビル地下で料理やワインを買い込んで帰宅、数ヶ月ぶりに掃除。なのに来た瞬間、「カオスw」と言われた。なんでqちゃんと同じことを言うんだろう。VIPPERめ…。
「メリークリトリス!」と乾杯して「このチキン野郎め!」と叫びながらチキンを食べる彼に萌え。二人で夜中まで楽しくエロトークをしながら過ごした。イブの過ごし方として何か間違ってる気がする

12月25日
年末年始の間にデータ分析をやっておいてくれないかという常識はずれなプロジェクトの話が来て、またまたイケメンと組んで仕事をすることになった。もちろんフルで入っているプロジェクトワークもあるから作業量としては大変な騒ぎ。イケメンと23時過ぎまで仕事をし、その後銀座に出て2時ぐらいまでシャンパンを飲みながらイケメンに説教される。クリスマスの過ごし方として何か間違ってる気がする

帰り、銀座でタクシーを拾おうとしたら空車ばかり。運転手が「クリスマスなのにみんな帰宅してしまった。バブルの頃は…」と家に着くまでずっとバブルを懐かしんでいた。不景気を実感。

12月26日
プロジェクトメンバが出払っているところにお客様から電話。今から丸の内にいらっしゃると。勘弁。と思いつつ対応。29日が納品なのに、どんどん修正依頼が出てくる。世間の皆様は今日が仕事収めのところも多いというのに…会社の人に「29日が納品なんですよ」と言ったら「じゃあ明日も明後日も仕事?」「そりゃもう」「わーい、仲間がいたwww」なぜか大喜びされる。

qちゃんの元雇い主から連絡があり、赤坂見附小料理屋で飲む。このご時世に彼のビジネスは結構うまくいってるっぽい。実に魅力的な人で恐ろしく趣味が合うので話してて楽しい。「こっちと付き合えば良いのに」といろんな人に言われる。qちゃんも含め。

きょ。「いや、でも私、ちょいワルが好きだし」

q  「ですよねぇ」 

この余裕が憎たらしい。
[PR]
by kyonkoenglish | 2008-12-27 06:46

伊東にて

半年間のN社管理職育成プログラムの集大成、ということで弊社伊東セミナーハウスにて二日間の成果報告会を行なう。

弊社から行ったのはパートナー、営業さんのほかにプロマネ、ちょいワル、私の三名。えらく晴れていて新幹線の中から富士山がきれいに見え、セミナーハウス(といってもエグゼクティブ向け施設なのでホテルみたいな感じ)のロビーからの眺めも絶景だった。

N社の受講者である新任管理職とそれぞれの上司20名ほどが参加。滞りなく成果報告会が終わると夜は全員が浴衣にスリッパ履きでお酒を飲みながら語らう。実に楽しかった。

個人的には、先日の飲みの席であからさまに好意を示してしまったちょいワルと二日間過ごすのは気まずいなぁと思っていたのだが、それどころかいろんなドラマがあってますます親密になってしまった。

ちょい 「…悪かったな、そんな思いさせて。オレが何とかするから」

きょ 「いえ…わたし…わたし、大丈夫です!」

みたいな。

いま眠る暇もないほど働いていてもまったく疲れを感じないのは、この人に認められる仕事ができるようになりたいという思いがあるからだ。

弊社パートナーがよく管理職研修で話す徳川家康の『大将の戒め』にはこんなことが書いてある。

          大将の戒め
大将というものは
 敬われているようで その実家来に
 絶えず落ち度を探られているものだ
 恐れられているようで侮られ
 親しまれているようで疎んじられ
 好かれているようで憎まれているものじゃ

大将というものは
 絶えず勉強せねばならぬし
 礼儀もわきまえねばならぬ
 よい家来を持とうと思うなら
 わが食を減らしても
 家来にひもじい思いをさせてはならぬ
 自分一人では何もできぬ
 これが三十年間つくづく
 思い知らされた家康が経験ぞ

家来というものは
 禄でつないではならず 機嫌をとってはならず
 遠ざけてはならず 近づけてはならず
 怒らせてはならず 油断させてはならぬものだ
 「ではどうすればよいので」
 家来はな 惚れさせねばならぬものよ


どうもちょいワルは、優秀な大将であるらしい。
[PR]
by kyonkoenglish | 2008-12-08 13:34

上司と『三年目の浮気』

お客様と飲みまくりでタクシー帰りの毎日。

「きょ。ちゃん、絶対、営業に行くべきだよ」

いや、何も売ってませんから…。飲んでるだけですから…。

昨日は上司(ちょいワル)と一緒に浜松町で某メーカー人財開発部の方々と飲み&カラオケ。
ワインが美味しいお店だったのでついつい飲みすぎる。馬鹿だ私…。

カラオケでは向こうの部長と一緒にビートルズを歌ったりと営業活動にいそしむ私。

で、ちょいワルとデュエット。『三年目の浮気』。

腕を組んで見つめあい、

ちょいワル 「三年目~の浮気ぐらい 大目にみ・て・よ♪」

きょ     「両手をついて謝ったって 許してあ・げ・ない☆」


きょ「ああ、もういつ死んでもいいっ!」

ちょい「・・・・・・。」

客 「・・・・・・。」


どこが営業向きだか。
[PR]
by kyonkoenglish | 2008-12-04 06:42