サバ(雌)。太平洋に浮かぶ小さな島で生まれる。上京後、コギャル系ローマ人を経てVIPPERへ。英語コンサルタントの顔も持つ。"qちゃん"という子猫を飼っている。 趣味は自作自演。japanese_sabaアットlive.jp


by kyonkoenglish

<   2008年 05月 ( 41 )   > この月の画像一覧

類は友を呼ぶ

きょ 「でね、私たちのチェスの対戦の話だけど」

B子 「はいはい」

きょ 「審判がいたほうが、良くない?」

B子 「あー、そうですねー…でも、審判やってくれる人とか、いるんですか?」

きょ 「実はこないだ、チェスのサークルに行ってね…」

B子 「えーっ!どこのですか」

きょ 「もともとはT大のチェスサークルのOBがやってるらしいんだけど、
    基本的には誰でも参加可能。そこ行ったら審判してくれるって」

B子 「チェスサークルですか…それは楽しそうですねぇ…で、きょんこさん。」

きょ 「ん?」

B子 「やっぱ、頭が良くて知的でかっこいい人がいっぱいいるんですか?」



…ほら、やっぱそう思うよね?
[PR]
by kyonkoenglish | 2008-05-31 10:26
男のくせにスイーツ(笑)が大好きなあいつ。下北沢の居酒屋で散々飲んだ締めには、いつも私が「お姉さんがパフェおごってあげる☆」と言い、あいつが「わーい」と喜ぶのがお約束だった。

政治学ってなんだ、経済学ってなんだ、学問は何のためにあるんだ。鳥の軟骨揚げをつまみながら青臭い議論を何時間もやっていたあの頃から、もう5年かそれぐらいが経ち、私たちはそれぞれ別の道に分かれていった。私はビジネスに、あいつは学問に。

アメリカの大学院から一時帰国したあいつと、ピエール・マルコリーニで向かい合う。
「…で、学者でも会社でも、コミュニティにおける評価体制の問題点っていうのはさぁ…」
目の前のパフェはちょっと高級になったけど、冴え渡る切り口と議論の面白さは相変わらずで、久々に「言いたいことが通じて、鋭い反応が返ってくる」快感に酔いしれる。やっぱ、こいつは最高の友達だ。

雨の銀座へと階段を降りながら、ふとあの「約束」のことを思い出した。

「恋人はいつかいなくなるけど、友達は永遠だ。だから、ずっと良い友達でいよう」

その約束は、やはり雨が降っていた下北沢で駅に向かいながらどちらともなく言い出したもので、私たちはどんなに近くなっても決して恋愛関係にはならなかったし、それは正解だったと思う。だけど、あの頃は、こういう事態までは予測していなかったのだ。私は息を吸い込んで言った。

「結婚、おめでとう」

あいつは照れながらも幸せそうだ。

「ありがとう」

この無邪気な笑顔も、なんだかもう私が見てちゃいけない気がして、顔も知らぬ新妻の幸せを思った。こいつと結婚できるあなた、本当にラッキーだよ。ものすごい良いやつだから。絶対幸せにしてくれるから。

「じゃあ、おしあわせに」

有楽町方面に向かって歩き出した背後から、

「奥さんと友達は別だからね!これからもちゃんと連絡しろよ!」

と声がして、私は振り向いて笑った。

「するよ!今度会うまで、元気で!」

雨はいつしか降り止んでいた。
[PR]
by kyonkoenglish | 2008-05-30 01:00

チェスにハマる

きょ 「てわけで、チェスにハマってるのよー」

C子 「はぁ、なんでまた…」

きょ 「かっこいいから☆ チェスのサークルにも行ってみるんだー。本郷でやってるらしいから」

C子 「本郷のサークル?きょんこさん、まさか…東大生×チェス=知的な男の子がうようよ、
    なんて思ってないでしょうね」

きょ 「えっ…、とととととととんでもない。私は純粋にだね、チェ、チェスを学びたくて…」

C子 「あぁー…、学生時代の教訓を忘れたんですか…?
    絶対また、キモいオタクばっかりいるんですよ。
    間違っても、「出会い」とか期待してお洒落していっちゃいけませんよ」

きょ 「(神妙に)はい…いやいやいや、私はチェスをしたいだけですから…」



【結果】
喫茶店のテーブルに並んだ3つのチェス盤。
ちょうど私が6人目だったので、駅まで迎えに来てくれた男の子に教えてもらいながら指す。

「あぁ、ダメだよ、そこに置いちゃ。ナイトがここに来て、ポーンを取られるけど取り返せるだろ」

くるくるとチェス盤の上で手が動く。あっという間にチェックメイトができあがる。

「これ、覚えといてね」

「はい…お兄様…」

「教えてもらう」のに弱い私はもうメロメロ。
その後の飲み会でアプローチしてメルアドゲットしてきちゃった☆

…ていうわけです」


C子 「…で、チェスはどうなったんですか?」

きょ 「う~ん、私のハートをチェックメイトされちゃった、って感じ?」

C子 「もう、ずっとコンピュータとやってなさい」
[PR]
by kyonkoenglish | 2008-05-29 01:05

乾杯のときに何と叫ぶ?

【理想】
男 「きみの瞳に。」 (似合う人限定)

【現実A】
男 「じゃ、お疲れ様ってことで。かんぱーい」 (つまらない男だ)

【現実B】
男 「Cheers!」 (なんでいきなり英語?) 

【現実C】
男 「ちんちーん!・・・あ、イタリア語だよ、知ってるよね!」 (焦るのなら、最初から言うな)

【現実D】
Fタソ 「四月に。」 (カコイイ!さすがキング・オブ・教養!)

【現実E】
きょ 「ルネッサーンス!」 (隣りのテーブルの女性グループから失笑)
[PR]
by kyonkoenglish | 2008-05-27 19:39

年をとったな

きょ 「トロイの遺跡とかいいよねー、ほら、あの人…シュ…シュワルツェネッガー…?」

友 「はて」

きょ 「えーっと…シュヴァイツアーでもなくて」

友 「惜しい」

きょ 「わかった、トルーマン!」

友 「シュリーマンね」

(中略)

きょ 「でさー、三船美佳って、かわいいよねー、旦那さんの…えーと、所ジョージじゃなくて…」

友 「おっと」

きょ 「…西きょうじでもなくて…」

友 「高橋ジョージね」

きょ 「あ、そうそう、どーろの!」

友 「ロード」



脳の老化がヤバい。
[PR]
by kyonkoenglish | 2008-05-26 09:59

日曜日

今朝の「ゴーオンジャー」は素晴らしかった。
やっぱり起きといて良かった、と思いながら観ていると、画面に文字が流れ始めた。

「今日の午後一時から午後5時までテレビ朝日にゴーオンレッドとゴーオンイエローがやってきます。握手も写真撮影もできるよ!」

マジでーーーー!!!正義のヒーローがテレビ局にやってくるとは。さすが東京は違う。
というわけで行って来た…と書くために行ってくるつもりだったが3日間徹夜で飲んでるせいか熱っぽくだるいので少しまどろんだあとずっとコンピューターとチェスをしていた。ゴーオンブラックだったら、命がけでも会いに行くんだけど、レッドとイエローはちょっとね。

一人でいると、どうしてもあの人のことを思い出す。そろそろ働く大学が決まってる頃だろうか。就職が決まったら、あの彼女と結婚するのかな。研究発表の旅行にも彼女と一緒にまわってるんだろうか。一緒に住んでいるかもしれない。彼らの幸せな生活を、もし何かの拍子に知ってしまったら、たぶん私は舌を噛んで死んでしまうと思う。私は彼を失ったんじゃない。私の一部を失ってしまったんだ。4年経とうと、5年経とうと、毎晩流す涙の量はまったく変わらない。向こうはもう、私のことなど思い出すこともないだろうに。
[PR]
by kyonkoenglish | 2008-05-25 20:20

ポンギで夜遊び

うーん、3夜連続、ボトルでワインを楽しみました。満足!
帰ってきてブログを開けてみたら随分刺激的なことが書いてあって仰天した(よくある)。
そういえば、寝不足のまま何やら書きなぐった気がする。
読んでくださった皆さんも、さぞ仰天せられたであろう。いや、いつものことか。
ここは、読む人にやさしくないブログですので、あしからず。

今日はB子と六本木インボイスシアターで『ブルーマン』を観てきた。
確かニューヨークではオフブロードウェイでやってたやつだ。
外国のパフォーマンスを日本で観るのは初めてだったので、どうだろうなぁと
思いながら行ってみたのだが、非常に楽しめた。

なんせ、鑑賞中にうしろでぺちゃぺちゃしゃべるイタリア人とかがいない。
みんな、盛り上げようと舞台に協力する。
何より、字幕が日本語で出る!(セリフはないので、たまに字幕で説明が出るのです)

いいよ。お勧め。

※同じくセリフはなくてリズムを楽しむものは『STOMP』がある。これはロンドンでやっているもの。バケツをたたく、新聞を破る、床を磨く…など、ガラクタを使って見事なサウンドを作り出す。リズムを楽しむなら、ブルーマンよりこっちだと思う。ブルーマンもバケツを叩いてサウンドを作るところまでは一緒だが、マジックやギャグを取り入れて、「笑えるもの」を目指している感じ。STOMPはひたすらリズム。いま調べてみたら7月に日本公演があるらしいので、こちらも超おすすめしておきます。というか、私ももう一回観ようかなあ。

鑑賞後、麻布十番方面で見つけたカジュアルなイタリアンで食事をし、朝までしゃべったり、最近二人で始めたチェスをして過ごした。しかし、周囲の客が…キャバクラのアフターばっかりで、とても不快な目にあった。やっぱ、六本木は嫌いだ。

それでは今(日曜6:30AM)から『ハムスター・マイスター』(とても面白い)を観て、CGの恐竜が戦うアニメ(あまり面白くない)を観て、『炎神戦隊ゴーオンジャー』(ものすごく面白い!!!)を観ないといけないので、さらば。これで眠くなって『サンデージャポン』を見逃して、仕方なく『アッコにおまかせ』を観ながら今日は何をしようか考えつつ気が付いたら『ちびまるこちゃん』の時間になっているのが最近の日曜の過ごし方なんだよなぁ。
[PR]
by kyonkoenglish | 2008-05-25 06:46

富士の樹海で

一度は行ってみたいんだよね。でも、行ったら帰って来れない気がして。

さっき観た報道番組。テレビ局が樹海を取材していると、60代の男性に出会う。
彼は、指圧師をしていたが病気になって廃業。全身の間接が痛み、日常生活もままならない。
未婚で親戚づきあいもまったくない。死ぬことにしたという。

そこで番組のディレクターが声をかけ、「いやいや、お父さん、そういうのはやめましょうよー」
と言うのだが、軽い…あまりにも軽い言葉の掛け方ではないか???
誰だって、死にたくはない。だが、その人は考えに考えて覚悟した末に死という結論に至ったのだ。
それ、わかってる?

その場で自殺をやめさせて、東京行きのバスに乗ったところを見届ける。
そこで、取材陣の自己満足は終わりだ。
東京に帰った彼が、その後どうやって生活を立て直すのか、そこまで考えたのか?

死は逃避である。
もっとも残酷な、むごい逃避である。

で、思うのだけど、逃げるのって、何がいけないんですかねぇ。
困難に立ち向かえ、つらくても逃げるなと教えられてきたけれど、その結果がうつ病。
要領よく逃げる方法でも教えてくれた方がましだったよ。

まあ、うつ病で死にたくなるのと生活苦で死ぬのはまったく違うわけで。
対処法はそれぞれ違うと思うのだけどね(前者なら、心療内科の垣根を低くする、とか)。

後者だったら、国の援助じゃ足りない場合は、死ぬしかないですよ。
もっと社会保障を充実させるか、さもなくば安らかに死なせてやってください。

私は、そう思いますね。


「とにかく、自殺をしてはいけません」

そんなことは自殺志願者全員、百も承知なんですよ。
[PR]
by kyonkoenglish | 2008-05-24 11:49

旅に出ようかな。

転職と同時に、さっくり人生をリセットしたい。なんて、考えるのは駄目でしょうか。
去っていった人は、いなかったことにして。
楽しい思い出も、悲しい思い出も、みんな忘れて。
好きなものは断って。好きな人は切って。
全部、ゼロに。なかったことに。

7年前に上京したとき、胸にあったのは未来への希望だけだった。
それから過去の積み重ねが、いつのまにかどす黒い層になって、心に重くのしかかる。

このまま、記憶を失ってはいけませんか?
人間は、忘れることができる、そう信じていたけれど。
頭の中のメモリを削り取らなければ、やっぱり、どこかで覚えているのです。


2001年、春。
ダサいスカートをはいて、メイクもしてなくて、カクテルの名前もクラブの作法も知らなかったけれど。
見得や嫉妬や憎悪や執着も、知らなかったのです。

記憶を消してくれる病院は、どこにありますか?
お金はいくらでも出すから、50年ローンでも組みますから、この7年間の記憶を消してください。

人を愛することができた、私に戻してください。。
[PR]
by kyonkoenglish | 2008-05-24 02:37
若い女の子は覚えておこう。

1.キスをしてくれない男は、あなたを愛していない。
2.キスをしてくれるからといって、あなたを愛しているとは限らない。

⇒キスをしてくれても、してくれなくても、大抵の男はあなたを愛していない。



さて、現実がわかったところで、仕切りなおしましょうか。
今日は前の会社の同期の飲み会でした。ワインが何本も空き、宴もたけなわとなった頃。

誰か 「それ、ショッキングーじゃね?」

群集 「あっはっは」

女1 「何?ぐーって」

群集 「え?知らないの?エド・はるみ」

女1 「知らなーい」

誰か 「誰かやれよー」

誰か 「そこにいるじゃん」

誰か 「あ、きょんこさん、できそうーーー!」

誰か 「なーんて、まさか、ねー…あれ?」

きょ 「ガタリ(立ち上がる)」

群集 「・・・・・・。」

きょ 「ぐーぐぐーぐーぐーぐーぐー、コォーーーーーーーーーーーーっ!!!」

群集 「えっ・・・・・・・。」




会社辞めといて良かった。
[PR]
by kyonkoenglish | 2008-05-24 01:02