サバ(雌)。太平洋に浮かぶ小さな島で生まれる。上京後、コギャル系ローマ人を経てVIPPERへ。英語コンサルタントの顔も持つ。"qちゃん"という子猫を飼っている。 趣味は自作自演。japanese_sabaアットlive.jp


by kyonkoenglish

カテゴリ:まえがき( 1 )

まえがき

すべての「英語学習者」はドMである。

これは、たいていの英語学習者は「勉強しているつもりになっている」だけでいつまで経っても上達しない、という意味である。
こう言われて、身に覚えはないだろうか。

「英語を勉強している人」は、真面目な人が多い。
単語帳を"abandon"から順番に暗記したり、通勤電車で人に揉まれながらCNNニュースを聴いたり、会社帰りに英会話スクールに通ったりしている。
しかし、「毎日CNNを聴いていたら英語がペラペラになりました」という話はついぞ聞いたことがない。

逆に、「毎朝六時半に起きてラジオ英会話を3年間続けています」と嬉しそうに語る人がいる。
この人は、3年間かかっても同じレベルにいることに気づいていない、おめでたい人である。

しかし、貴方はこの人を笑うことができるだろうか。
断言しても良い。貴方もこの人とたいして変わらない。

単語帳を暗記すること、リスニングを続けること、英会話のレッスンをすること、それらが大事であることは否定しない。
だが、それをダラダラ続けているだけでは、いつまで経っても英語は上達しない。
これは、単なるドMの自己満足である。「苦しくても真面目に英語を頑張っている自分」が嬉しいだけなのである。

なぜここまで言えるのかというと、この私が、ドMの自己満足の英語学習を20年間続けてきたからだ。
それが、あるきっかけによって「ドMの英語学習者」から「英語コンサルタント」へと変わることができた。
今は某外資系IT企業で英語力を駆使して働いている。

これから書くのは、企業のプロジェクトでは当然のように行われている「プロジェクト・マネージメント」を応用した、自己満足に終わらない、真に英語が上達する方法である。
最初に明確にしておきたいのは、「簡単な」方法ではない、ということ。ただし、この通りに行えば、必ず結果が出るということである。
今から英語の勉強を始めるつもりだが何から始めればわからない人、そして、「本当に」英語ができるようになりたい人には、是非読んでいただきたい。
[PR]
by kyonkoenglish | 2007-07-29 23:44 | まえがき