サバ(雌)。太平洋に浮かぶ小さな島で生まれる。上京後、コギャル系ローマ人を経てVIPPERへ。英語コンサルタントの顔も持つ。"qちゃん"という子猫を飼っている。 趣味は自作自演。japanese_sabaアットlive.jp


by kyonkoenglish

カテゴリ:未分類( 482 )

東日本橋に転居しました

ここに書いとけばmixi経由でお友達に読んでもらえるかしら。

引っ越しましたよ!ついに。
最寄り駅は総武線浅草橋(秋葉原の一つ外)or総武本線馬喰町です。
都営浅草線、都営新宿線の駅ともつながってます。遊びに来てください。

駅もだけど、オフィス、どちらにも近すぎる。。。

ペットは原則的に不可と言われましたが、人間なら可らしいので
qちゃまを365日体制でお世話します。
(月末ぐらいに越してくるらしいのでそれまでは私一人です。遊びに来てください。)
[PR]
by kyonkoenglish | 2010-05-17 10:57
お客様との飲み会にて。

こちら側は4名、お客様は人事のエラい人含め3名。
私は途中から入ったプロジェクトってこともあり、自分のチームメンバーにすらあまり慣れていない状況での飲み会、つらいなーと思いながらひたすらビールをついでいたわけです。

そんなとき、お客様のエラい人が
「しかし、2ちゃんねるとか『みんなの就職活動日記』のせいで採用も随分様変わりしましてなー」

サバ「…。(ピクっ)」

そして弊社の技術に詳しい人が2ちゃんねるについて話し始め、話題はWeb掲示板へ。

技術に詳しい人 「えーと、あれはサーバーの性能がすごいってことをアピールしてて…というのはですね、宮崎駿のアニメをテレビでやったりすると、一気にアクセスが集中するらしいんですよ」

一同 「ほぉ」

技術 「よくわからないんですがね、たとえばトトロをやったりしようもんなら、名台詞のところで…」

サバ 「(ポツリと)…ラピュタです

一同 「!?

サバ 「あれは実況と言いまして…」

そこから先、「実況って何なのか」「2ちゃんねるのユーザは何を考えてるのか」「うちの息子が『ニコニコ動画』というのを見ているが大丈夫か」といった質問が集中し、私は学生時代に書いた卒論の内容も交えながらWebについて論じ、「大変ためになった」とご満足いただけましたとさ。


プロジェクトマネージャー 「お前…良い仕事をしたな」


ん…初めてほめられたような…。
[PR]
by kyonkoenglish | 2010-01-28 14:52

備忘録

何でしょう。2002年3月以来、続けてきたWebですが、今の私には必要ないようです。


qちゃま、相変わらずカワイイです。シングルマザー気分を満喫しています。
(注:qちゃまは実在する大学四年生です。空気婿ではありません)

なんか、自虐ネタがないんだよね。
順調だと、書くことがない。
[PR]
by kyonkoenglish | 2010-01-20 19:31
ここ5年ぐらい暗黒の年が続いていたのでちょっとぐらい幸せでも良いと思う。

大学生38人への2ヶ月半の講座が終了した。
終わってからも毎晩SNSでやりとりをしたり、飲みに行って話したりと、彼らへのアウトプットが多すぎて、正直ここに書くものは何も残っていない。という感じ。良い年だった。
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-12-27 03:10

「ただイケ」について

外資系金融志望の男子学生が

「お、お忙しいと思いますが、エントリーシート見てください!(/ω\)」

と言ってくるので、そりゃーもうESは大得意だし英語の添削もしたいしで

「どんどん持ってこーい」

と言ってたら本当にどんどん送られてくるようになり、早起きしてモルガンスタンレーやドイツ銀行のES添削に励む日々なわけですけど、ふと

「もしこの子がイケメンでなかったら私はここまで熱心になるだろうか…」

という疑問が浮かび、なるほどこれが噂の「※」かと深く反省をしたのであった。
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-11-30 06:08

今年のネット流行語の金賞は「※ただイケ」とな。
http://sankei.jp.msn.com/economy/it/091126/its0911260740000-n1.htm

「バリバリ」の入賞ワロタ。
すべてわかってしまう自分がイヤ。
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-11-26 18:37

ツンデレメール

イケメン(本名)と久しぶりに会いたいなーと思って、

「〇日に会えなーい?」

というメールを送ったところ、お風呂から上がったら3通返信が来ていた。

1通目「あえない。」

2通目「あいたいね。」

3通目「あえるかも。」




・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・



まずは用件について簡潔に返事をし、ついで「ちょっと冷たかったかな」と思ってフォローし、その後予定調整ができることに気づいたイケメンの心の動きがわかってちょっと微笑ましかった。そこで、




「なんだその駆け引きみたいなの」



て返事を送ったんだけど、その後返信はこないね。うん。
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-11-17 07:55
ビジネススクールといっても、大学生がいろんな企業のことを学ぶ、というコンセプトのところなのですが、そこで一つ講座を持たせてもらうことになりまして。

先月から140人の学生を相手にお話させていただいたり、今日からは人数を限定してのセッションでコンピテンシーについてレクチャーさせてもらったりと、楽しい経験をさせてもらっています。

もちろん仕事でプレゼンをする機会は多いのですが、なにぶん私のような若輩者が・・・という気分があり少し遠慮がちになります。大学生が相手だと、なんだかのびのびできて自信を持ってプレゼンができます。この経験が活かしていければ良いなぁと。

大学生はみんな元気で賢くて、すっかり仲良くなりました。
て、また大学生かー!
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-11-08 00:57

てれんぱれんの夕べ

とかなんとか言いながら、久しぶりの休日は、またも年下男子たちと過ごした。
いや、別に一人が最近のお気に入りでもう一人が嵐の二宮くんそっくりで、さらにその友達がダルビッシュに似てるというから連れてきてもらった、ってわけではなく、純粋に就職活動の相談を受けたり…するはずだったわけだ。

が、待ち合わせ場所に現れたその3人目を見てサバは固まってしまった。

かつてのQ氏を思わせる、いやそれに優る、ギリシャ神話に出てくるような美青年。しかも寡黙。それでたまに「ふっ」て笑ったりして。あらどうしよう。サバ緊張しちゃう。というか、これではまるで、本当に年下美青年をかき集めて喜んでいる年増女のようじゃないかっ!違うの!違うんだったr」

qちゃま 「ふーん、で、朝帰りしたの。まぁ~、年下のイケメンなんかはべらせちゃって、
      いかにもさびしい独身OLって感じね~(´ー`)y-~~ くすくす♪」

サバ 「あのねー、お前が言うな
    違うの。きみとは違って真面目な彼らと、若者の悩みについて一晩中語り合っていたのよ」

q   「ほほぉ」

サバ 「…(略)…で、彼らはあれでもないこれでもないと迷ってるのよ。
    でもねぇ、しょうがないのよね。どうしても卒業までは、てれんぱれんしちゃうじゃないか

q   「!?待ってください。
    その「てれんぱれん」って言葉を、俺は初めて聞いたわけだが」

サバ 「はぁっ!?あら、qちゃんは、まだ小さいから日本語の語彙が少ないのね。
    『てれんぱれん』は日本語の基本単語4000語に入るレベルよ。知ってないとおかしいわよ」

q   「たぶんGoogle先生も知らないと思うよ」

サバ 「そんなバカな…(PCを立ち上げる)…Σ(゚Д゚)ガーン」

q   「どうした(´ー`)くすっ」

サバ 「てれんぱれん…長崎の方言らしい

q   「あれっ!?サバさん、それ知らないで言ってたんだー、
    あーっはっはっは、恥ずかしいねぇ(´・∀・`)」

サバ 「そうか…『なぁんば、てれんぱれんてれんぱれんしとっとなー』とか、
    言うなぁ。おばあちゃんたちが」

q   「へぇー」

サバ 「『そがん、てれんぱれんてれんぱれんせんとぉ』」とか」

q   「『てれんぱれん』…『ちゃらんぽらん』って意味でしょ」

サバ 「違う!『てれんぱれん』は『てれんぱれん』なんだよぉ」

q   「あっはっは、しょうがないなぁサバさんは」

サバ 「あっはっは、かわいいqちゃんだなぁ( ´∀`)σ)∀`)」

q   「てへぇ(*´ー`*)」

サバ 「てへぇ(*´ー`*)」



ま、なんだかんだ言ってもウチの子が一番なんですけどね ~(=^・・^)ヾ(^^ )ヨシヨシ
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-11-04 23:37

年下男子、ねぇ。

一昔前の私は(古代ローマ時代ね)、とにかくオヤジ好きであった。女子大生という立場を利用して様々な職業のオヤジたちを滅多切りにしてきたものだ…。

その頃は、同年代はもちろん、年下男子なんてまったく興味がなかったし、「男子学生と付き合う20代後半のOL」なんて軽蔑してましたよ、ええ…。

…。

いやね、qちゃまはまあ、しょうがないんですよ(?)。ペットだし。

だけど最近、デートする男性がことごとく年下というのはこれいかに。
なんか…「若いイケメンに飛びつく独身女」みたいで、すげーイヤなんですけど…(100%事実)。

正直、自分が年下の男にときめくとは思わなかったさ…しかも、なんでそのことにこう、劣等感というかコンプレックスを抱かなければならないのでしょうか。友達づきあいをしているオヤジたちによると、「20代前半の頃、4,5歳年上の女性はとても魅力的に見えた」そうですよ。

だけどね、ちゃんと感じるのです。今はそうやってピュアな眼を輝かせているキミも、もう少し歳をとって一人前の男になったら、若い女の子のもとに去っていくんだろうってさ・・・。

年下イケメンに対して感じる妙な引け目は、それが原因でしょうなぁ…。なんかね、心のどこかで「どうせ」とか思って、ひいちゃうんだよね。

その点、qスケは、いくつ年をとろうといくら大人になろうと、変わらずそばにいてくれるだろうと安心を与えてくれるのだよね。だから付き合ってるんだけどさ。歳とか関係なしに、対等だしね。飼い主とペットとして。

つーか、普通に年上の魅力的な独身男性はいないものかのう…。恋愛がしたいにゃー。
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-10-24 01:43