サバ(雌)。太平洋に浮かぶ小さな島で生まれる。上京後、コギャル系ローマ人を経てVIPPERへ。英語コンサルタントの顔も持つ。"qちゃん"という子猫を飼っている。 趣味は自作自演。japanese_sabaアットlive.jp


by kyonkoenglish

英語でビジネスミーティング!?

月曜と火曜はもう、めちゃんこな2日間でしたよ。

もうみんなとっくに忘れていると思いますが、英語コンサルタントはあくまで私の副業であり、朝7時から働きづめで本業と両立しているのでよ・・・夜早く帰ってるけど。

で、本業の方で急に、どえらい人(アメリカ人)+どえらい人(英語ぺらぺらの日本人)対きょんこ、という、ほんじゃまかなミーティングをしましょうっていうメールが当日の朝届いた気持ちになってみてください。

確実に命縮みましたよ。

告白しますが、英語コンサルタントであるところのきょんこは、英語でビジネスミーティングをしたことなどなかったのです!というか、そんなえらい人と日本語ですら無理です!

と思いながらも、なんとか会社のVIP用ミーティングルームに行ってきました。

結果は・・・もう、しどろもどろのぐだぐだでしたよ。

そもそも、「お前見ない顔だな」って怪しまれたし。だって私、まだ新卒の2年目だもん。なんてことがバレたら殺されると思ったので「おほほ、私、社歴長くて子供二人いますの」って顔してごまかしてきました。

それが効いたのか(!?)、なんとかこちらの要望の了承は頂いてきたので、これからコンサルの皆様方のお役に立てる企画が動き出しますよ!その際はここでもご協力を仰ぐので、是非よろしくお願いします。

(今はまだ・・・ちょっと休ませてください。副業だけでも死にそうです。誰よ「祭り」なんて企画したの。私だよ。)。

■今日のテーマ:命に関わる英語
私の今日の文章の中でも、「命が縮む」「バレたら殺される」など、大げさな表現は生死に関わる言葉がありますが、英語でも同じような表現があります。

『Love Actually』 『CHICAGO』 『プラダを着た悪魔』 の中で何度か出てきた、大げさな表現を見てみましょう。

・over my dead body
 「私の死骸を乗り越えて」⇒絶対そんなことはさせない
 「俺の目の黒いうちはさせないぞ」って感じでしょうか。

  Ex.You'll marry my daughter over my dead body.
(俺の目の黒いうちは娘とは結婚させん。)byアルク

 OMDBと略することもあるらしいです。なんか怖いな。
『Love Actually』の中で、非常に印象に残る形で出てきました。

・would kill for
 "Millions of girls would kill for the job."
『プラダを着た悪魔』で何度も出てきます。
 その仕事を得るためなら人殺しもできる⇒その仕事が欲しくてたまらない
 『CHICAGO』でも出てきた表現です。

・guard this with my life
 『プラダを着た悪魔』『CHICAGO』で出てきました。
 「命がけで守る」そのまんまですね。

・I'm dying to ~
 「~をしたくてたまらない」。先日ご紹介したとおりです。

それにしても、一番大変なときに私を助けてくれた西の「お兄ちゃん」(また増えた)、おかげで命拾いしました。ありがとう。
[PR]
by kyonkoenglish | 2007-05-30 17:43