サバ(雌)。太平洋に浮かぶ小さな島で生まれる。上京後、コギャル系ローマ人を経てVIPPERへ。英語コンサルタントの顔も持つ。"qちゃん"という子猫を飼っている。 趣味は自作自演。japanese_sabaアットlive.jp


by kyonkoenglish

年下男子、ねぇ。

一昔前の私は(古代ローマ時代ね)、とにかくオヤジ好きであった。女子大生という立場を利用して様々な職業のオヤジたちを滅多切りにしてきたものだ…。

その頃は、同年代はもちろん、年下男子なんてまったく興味がなかったし、「男子学生と付き合う20代後半のOL」なんて軽蔑してましたよ、ええ…。

…。

いやね、qちゃまはまあ、しょうがないんですよ(?)。ペットだし。

だけど最近、デートする男性がことごとく年下というのはこれいかに。
なんか…「若いイケメンに飛びつく独身女」みたいで、すげーイヤなんですけど…(100%事実)。

正直、自分が年下の男にときめくとは思わなかったさ…しかも、なんでそのことにこう、劣等感というかコンプレックスを抱かなければならないのでしょうか。友達づきあいをしているオヤジたちによると、「20代前半の頃、4,5歳年上の女性はとても魅力的に見えた」そうですよ。

だけどね、ちゃんと感じるのです。今はそうやってピュアな眼を輝かせているキミも、もう少し歳をとって一人前の男になったら、若い女の子のもとに去っていくんだろうってさ・・・。

年下イケメンに対して感じる妙な引け目は、それが原因でしょうなぁ…。なんかね、心のどこかで「どうせ」とか思って、ひいちゃうんだよね。

その点、qスケは、いくつ年をとろうといくら大人になろうと、変わらずそばにいてくれるだろうと安心を与えてくれるのだよね。だから付き合ってるんだけどさ。歳とか関係なしに、対等だしね。飼い主とペットとして。

つーか、普通に年上の魅力的な独身男性はいないものかのう…。恋愛がしたいにゃー。
[PR]
by kyonkoenglish | 2009-10-24 01:43